千代田区・神田公園地区連合町会のサイトです。


大寒が近づく平成28年1月16日(土)〜17日(日)に第15回神田小川町雪だるまフェアが、靖国通りと小川広場会場で開催されました。
今年は年明けから、暖かい日が続き、雪はあるのかしらと気になるところでしたが、金曜日の午後には、靖国通り沿いにプレ雪だるまが並び、早くも制作にかかっているグループもありました。





雪だるまフェアの会場は、靖国通りと小川広場。
小川町から駿河台交差点までの靖国通り沿いでは、雪だるまコンテストの23体の雪だるまたちが皆さんをお出迎えします。

また、小川広場では、「ちびっこ雪あそび広場」や「大きな雪のすべり台」「かまくら」が出現し、たくさんの子どもたちでにぎわいます。





今年の巨大雪だるまストリートをイメージキャラクターの“ゆっきい”と一緒に歩いてみましょう。

      随神門

     カレーポット

    神田要石町なまず前

   とびだせ!新幹線!!

       希望

      スヌーピー

    東京タワーズ

楽しみ方イロイロ、楽しい神田  

「安心してください。フォースは使えませんが、ホースは使えます。」


     マツコロイド

     ぐんまちゃん

   STAR WARS

   火災予防をよろしく

  下町ロケットH-UB2016

   神田明神の大黒様

      ミドすけ

     さかなつり


      あさひ君6号

    Thoughtful

      フット猿

    ぐりんとウッドン

     ウィスパー

今年も来たぜ 雪が嬬恋しいスノーマン

一方、小川広場会場では、びっくりするくらいの大勢の人たちが“雪あそびひろば”で雪遊び中。
“おおきな雪のすべり台”にも長い順番待ちの列ができていました。
おおきなすべり台をソリでビューンと滑るときの子どもたちの笑顔が可愛らしいこと!









午後1時半近く、雪だるまコンテストの表彰式が始まりました。
開会は実行委員会の石津代表、朝日信用金庫の吹奏楽団の皆さんによるファンファーレが鳴り響きます。




来賓の石川区長は、「真っ白な雪と遊ぶと心まで童心に戻って白くなるようです。これからもぜひ続けていただきたい。」と挨拶され、嬬恋村商工会の渡邊会長は、「嬬恋村は、妻恋し村。“奥さんが大事だ”と浅間山のふもとで叫びに来てください。」と来場の皆さんに呼びかけました。





投票賞には、日大理工学部構造・デザイン研究室の「STAR WARS」、
優秀賞は、ワテラススチューデントハウスの「神田要石町なまず前」が選ばれました。




もう一組の優秀賞は、神田消防団第二分団の「安心してください!フォースは使えませんが、ホースは使えます!!」が選ばれました。
そして、アーツ千代田3331のチームが第15回の最優秀賞に輝きました。タイトルは、「楽しみかたイロイロ、楽しい神田」です。







雪だるまフェアが終わると、いよいよ寒さも本格的なります。
冬の寒い日を楽しい日に変えるこのイベントは、もうすっかり定着して季節の風物詩になってきました。ここで初めての雪遊びをした子どもたちもたくさんいることでしょう。
このお祭りが、来年も再来年もずっと続いていきますように。
これからも子どもたちの笑顔がたくさん見られますように。
スタッフの皆様、来年もまたよろしくお願いします。




 上部へ