千代田区・神田公園地区連合町会のサイトです。


平成27年11月14日(土)午後5時から神田錦町の学士会館で、神田公園地区連合町会創立60周年記念式典・祝賀会が開催され、ご来賓を含む116名の出席者の皆さんで創立60周年をお祝いしました。


藤田庶務理事が少し緊張した面持ちで
式典の進行を務めます。
坂井連合町会副会長の開会の辞で、式典が始まりました。


    藤田庶務理事

     坂井副会長
横田連合町会長は「先輩諸氏のたゆまぬ60年いや70年の努力が、現在の神田の繁栄をもたらしていることを忘れてはならない、今日は先輩方の業績を改めて認識し、誇りをもって前に進む、決意の日にしたいと思います。」とご挨拶されました。







ご来賓の石川区長を始め、戸張区議会議長、山田衆議院議員、内田都議会議員の皆様からご祝辞をいただきました。
また、神田公園出張所長経験者として遠藤、伊藤 両氏も出席し、懐かしい皆さんとご挨拶を交わされていました。


続いて、創立50周年以降に連合町会長として連合町会の発展にご尽力された皆様に、連合町会と千代田区の連名による感謝状が贈られました。

   岩崎理事(第29代連合町会長)

   柳顧問(第30代連合町会長)

   大井理事(第31代連合町会長)

 故 古川顧問(第28代連合町会長)令夫人
4人の皆様の代表として岩崎理事が、「連合町会長としての2年間は素晴らしい経験になりました。『思いやりとちょっとしたお節介』が神田っ子の心意気。この心意気で、今後も連合町会は発展してゆくでしょう。」と、謝辞を述べられ、その後、記念撮影となりました。





斎藤連合町会副会長の閉会の辞をもって式典がつつがなく終わり、児谷連合婦人部長の開会のことばで、いよいよ祝賀会の開宴となりました。




「今から始まる祝宴では、
これからの神田公園地区の明るい明日を大いに語りましょう。」と、横田連合会長からご挨拶があり、
柳顧問が乾杯のご発声をされます。

『今日のよき日に寿ぎて乾杯!!』


この日は、アトラクションとして、バンドと津軽三味線の演奏が披露されました。司会の堀井庶務理事が軽妙なジョークを交えながら祝宴を進めます。
会場の計らいでワインもお祝いのラベルになっていました。


The Fuh(ザ・フー)の皆さんは1970年代のフォークを中心に演奏し、
「イムジン河」や「岬めぐり」などでは、青春の日を思い出した人も多かったのではないでしょうか。


替わって、藤井黎元さんの津軽三味線の演奏が始まると、
その凛とした響きと華麗なばちさばきに会場内が一瞬のうちに静まりました。
アンコールでは、津軽三味線第五代日本一になられた時の「津軽小原節」を披露されました。
午後8時前、宴たけなわのうちに中締めの時間になりました。恒例となった前田理事の高らかな木遣りに合わせ、松浦顧問のご発声で手締めとなりました。








 上部へ