千代田区・神田公園地区連合町会のサイトです。



暦の上では立秋となった8月7日(木)と翌8日(金)、神田児童公園(神田司町2−2)で恒例の納涼盆踊り大会が実施されました。地元の方々をはじめ、他地区からも多くの盆踊りファンが集い、両日とも、盛大な真夏の宴になりました。












懐かしい屋台が出たり、
子供のころの神社の境内を
思い出すような光景です。





やぐらの上で踊る子供たちの姿が、
お母さんたちの素敵な思い出の
一コマになるのですね。





今宵はバチさばきも冴えわたります。








息の合った進行に「アットホームで楽しい司会」と
“ひろば”にも投稿がありました。

 鎌倉町会婦人部の方々

  民踊連盟の皆さん
民踊連盟の皆さんと
鎌倉町会婦人部の方々が
やぐらの上で華麗な踊りを
見せてくれました。






『社会を明るくする運動』の
啓発活動も行われました。


いよいよ名残惜しい最後の曲がかかると、
町会役員さん、婦人部のみなさんが
手拍子で音頭をとります。


古川会長もホッとした表情、
婦人部の皆様お疲れ様でした。

6〜7年くらい前は、参加者が少なく、町会員さんの中から“休止”という声も出たというこの司町二丁目町会婦人部主催の納涼盆踊り大会は、今年も昨年以上の大盛況のうちに終わりました。
わざわざ遠方から踊りにこられるフアンの方も多く、今後も変わらぬ地元の風物詩として永くひき継いでいきたい行事です。
この盆踊りが終わった翌日から、東京はかすかに初秋の気配がし、猛暑も一休みになりました。
二日間の宴は神田のまちに活気と涼風を呼び込んだようです。


 上部へ