千代田区・神田公園地区連合町会のサイトです。

小川町北三町会  小林美智子 さん(平成28年6月退任)

こばやし みちこさん

@出身地(都道府県)はどちらですか。
神田の生まれよ・・・という訳で、駿河台は浜田病院で産声をあげて、現在に至っております。言ってみれば神田の街の変遷を目で見、肌で感じてきた(と言っても、かなりの鈍感人間なので、どの程度まで分かっているかは疑問ですが)というわけです。
A趣味は何でしょうか。
趣味と言うと変ですが、宇宙の話が大好きですね。アンドロメダ星雲とかの美しさもさることながら、宇宙の背景輻射温度とか光も吸い込まれてなかなか脱出できないブラックホールとか宇宙が膨張しているとか、運動している時計は運動していない時計より遅いとか、今一よく分からないのですが、面白い。人間生活のこまごました出来事など宇宙と比べれば、小さい小さい。かと言って、そう割りきれずにぐじゅぐじゅしている自分がそこにいるのですね。まだまだ達観できない。
過去の趣味と言いますと、茶道、書道、お花、墨絵、煎茶。偶々先生がお近くに住んでいらしたとかですが、色々の御縁ですね。
茶道は日本茶道学会とかいう流派で、裏表ではないのです。多分先生が独立されて家元になられたのではないでしょうか。お免状も頂いたのですが、何度かの引越しで行方不明になってしまいました。何かの折に先生の奥様が作られる散らし寿司が絶品で、いつか教えて頂こうと思っているうち御縁がなくなってしまいました。
書道は、飯島敬芳先生に師事し禾芳というお名前まで頂戴いたしましたが、母が10年前に亡くなって以来なかなか時間がとれず今に至っています。「手習いは坂に車を押す如し」と言いますから、腕前は格段に落ちていることは残念ながら否めません。
お花は、これまた気が多いというか、その時々の御縁というか、草月、古流、嵯峨御流、清泉幽茗流と色々で、中伝といったところでしょうか。
過去現在と私の人生を貫く1本のもの、私の人生の生きがいでもあるもの、それがコーラスです。大学時代、オリエンテーションでの素晴らしいバスの歌声に引かれて入部。当時のよくある傾向で、左翼系の歌、ロシア民謡、歌声系の歌を歌っておりました。それはそれで美しく、今思い起こすと青春時代のキュンと胸の引き締まる香りが致します。「白いバラ」というのが当時の愛唱歌でした。
大学を出て、就職、結婚、子育てと長いことコーラスとはご無沙汰でした。子供の小学校のママさんコーラスでご一緒したのが、木村婦人部長(同志社出身)。その後どなたかのお通夜でご一緒して、コーラスの話が出て「同志社混声合唱団で今モツレクをやっているの。」「歌いたいなぁ。」「じゃあ、いらっしゃいよ。」と誘っていただいたのが御縁で、現在、同志社混声合唱団で楽しく歌わせていただいているというわけです。あの時お通夜で木村婦人部長にお会いしていなければ、今の私の幸せはない訳で、木村婦人部長に足を向けては寝られない。ご縁って有難い!かなり宗教めいてきたかも。

ちなみに今年のコンサートの曲目は、次のとおりです。
Ariel QuintanaのMass from two World、さだまさし作品集「北の国から」、新実徳英作曲・星野富弘作詞「花に寄せて」:11月26日於 紀尾井ホール
陳腐な言葉ながら、歌は友達、わが師。メロディーの美しさと共に歌の歌詞には、洋の東西を問わず、胸を打たれるものが少なくありません。さだまさしの「秋桜」は、丁度娘の結婚直前だったため涙がこぼれて困りました。Disneyだったか、「人間は不完全な存在なのに、完全を求めている。」歌いながら、そうだそうだと頷いておりました。人生の考え方を共感したり学ばせてもらったり・・・沢山の幸せを歌からもらっているというわけです。 
B子供の頃の夢を教えてください。
外人さんとペラペラと英語を話してみたい。大学では英文科に進みましたが、相変わらずのカタコト。しかし、今の小学校の英語教育は、如何なものかと思われます。確かに耳を鍛えるのは、小さい頃のほうが良い。ただ、他の読み書きソロバン、国語、算数等の大事な教科が疎かになるのではと、危惧しております。外人とペラペラ話す必要はない、訥々とでも良いから、日本人としてアイデンティティを持った、内容のある人間の育成をお願いしたいですね。
C婦人部長になられたのはいつですか?
平成22年11月です。
D町会のご自慢(大切にしているもの)は何でしょうか。
婦人部の皆さんが仲の良いこと。
E千代田区内で好きな場所はありますか(お気に入りの店でも。)。
聖橋とその近辺。御茶ノ水橋から見た聖橋。神田明神、千鳥が渕、靖国神社。皇居周辺と東御苑。

F町会活動で楽しい事は何でしょうか。
町会の方々の色々な話が伺えることと人となりを知ることができること。
G神田の若い人たちに一言お願いします。
皆さんが、古本まつりやスポーツ祭など、いろいろ企画して頑張っておられることは有難いことです。神田公園地区が常時、人で賑わうような、より一層の活性化活動をお願いします。人の住む町、神田であってほしい。
Hホームページ「大好き神田」に今後期待することは何ですか。
町名の由来などを載せてほしいですね。神田連雀町とか、かつては良い町名が一杯ありました。失われていく過去のもの、今普通に見ている町の姿や出来事(具体的に一言では言えませんが)を保存して欲しいですね。
Iその他(何でも)
日頃、納得できないところがあります。それは、地下鉄の駅名です。小川町は「おがわちょう」でなくて、ホッとしましたが、腑に落ちないというか、いつも癪に?障るのが、神保町。普通に神保町と言ってみてください。「じむぼうちょう」と言いますか。私も口の中で何度も言ってみました。神は「じん」で「じむ」ではありません。勿論、ボウの“b”の前は、英語では口を閉じますから“m”となりますが、日本語では“jin”と言ってから“bou”または“bo”となる。“Jinbocho”として欲しかった。だから、いつも神保町を利用するたびにムカッ腹をたてております。気持ち悪いのです。“Jimbocho”は。
でも、もう一考して、もしかしたら、視覚的にはというかバランス的には“Jimbocho”のほうが良いのかな?と書いているうちに、思ったり・・・どういういきさつで、“Jimbocho”となったのでしょうね。

 上部へ