教科書


雪の中の松本家

木下栄三氏     2019/5/25(土) 20:29
木下栄三氏という建築家、画家、江戸検定1級保持者をご存知の方も多いことでしょう。
鉛筆で書かれ、水彩で着色された絵は柔らかな感じの絵です。
昨年銀座で個展を開かれ、江戸城のご門を時代を交差して描かれた作品はとても面白いものでした。
その木下さんのことが高校生の美術の教科書に載りました。日本文教出版から出されている高校生の美術3「興味のあることを描く」というコーナーです。多町2丁目にある登録有形文化財のの建物をスケッチしたものなどが載っています。