千代田区・神田公園地区連合町会のサイトです。

小川町二丁目南部町会
おがわまちにちょうめなんぶ

二丁目南部


現在の小川町の東側に当たる一丁目・二丁目は津軽藩津軽家の大名屋敷で、何代か後の宝永(1704〜1711)の末に、淀藩稲葉美濃守(十万二千石)の上屋敷となる。

江戸時代は、太田播磨守、蜷川(にながわ)能登守、杉浦銃之進などの屋敷であったが、明治初期に町屋となった。昭和八年に「旧小川町の一部」「旧錦町一丁目の一部」「旧錦町二丁目の一部」が「小川町二丁目」(南)になった。


靖国通りは、一日中人の流れが止まらない。

スポーツ店や飲食店が立ち並ぶ。


買い物に疲れたら、カフェで一服。

小川町交差点から望む小川町二丁目南部町会。

 上部へ